【格安CBDリキッド】ドン・キホーテでも買えるKAMIKAZE E-JUICE ナチュラルフレーバーレビュー!

YUTA
どうもYUTAです。
【CBD LIFE JAPAN】では僕が勉強したことを公開しています。

 
この記事ではFLAVOR TECH GROUPの【KAMIKAZE E-JUICE ナチュラルフレーバー】について書いてあります。
 
 

FLAVOR TECH GROUPとは?

FLAVORTECHグループは電子タバコ製品の開発製造の企画団体で、以下の協力会社によって運営されています。
FLAVOR TECH 本社 株式会社 アバンティ
FLAVOR TECH 関東営業所 株式会社 アクティブガジェット
有限会社 アペックス
株式会社 ideal
フレーバーテック中国支所 FLAVOR TECH CHINA BRANCH
フレーバーテック台湾支所 FLAVOR TECH TAIWAN BRANCH
 
FLAVORTECHグループの自社工場には、世界最上級のスーパークリーンを導入しており現在のISO規格における【ISOクラス1】の作業環境を形成しております。
また、従来のクリーンルームやクリーンベンチとは違い、作業中に必ず発生する「コンタミ」を排出力の高いシステムを用いて構築する事で、作業中の洗浄度も常に高く維持しております。
リキッドの製造にISOクラス1の環境を導入する事は、通常で考えるとオーバースペックかもしれません。
昨今、簡単に使われてしまう安心安全の国産というフレーズ。一概に国産というだけで、果たして安心安全なのでしょうか。
FLAVORTECHグループは見えない部分へのコストを一切の妥協をせず投資し、徹底的にこだわる事。
それが本当の意味で「安心安全の国産リキッド」の製造環境なのではないかと、我々は考えております。
原文:FLAVOR TECH GROUP公式

自社工場を持つ電子タバコ用リキッドの製造グループのようです。

 
 

【KAMIKAZE E-JUICE ナチュラルフレーバー】


 
価格 4,990円
内容量10mlに対してCBD含有量500㎎

 

原材料

CBD
VG
PG
香料

「原材料は全て日本製食品グレードを使用」と書いてあります。
商品記載の原材料を見るか限り、他のカンナビノイドやテルペンなどは含有していません。

 

PG、VGとは?

PGはプロぺリングリコールの略称で、コンビニのおにぎりや歯磨き粉などに成分として入っています。
VGはベジタブルグリセリンの略称で、マーガリンやお菓子などに成分として入っています。
 

摂取方法

 

 
ベイピングで蒸気摂取しました。

ワット数は20w
コイル抵抗値は1.53Ω
出力2.06volts
 
※CBDリキッドのベイピングで僕が使っている道具をまとめた記事はコチラ↓↓

【VAPE初心者】僕がCBDベイピングに使うVAPEアイテム【必要な道具】

2019.12.01

 

ナチュラルフレーバーなのでほぼ無臭です。

 

 

購入したお店

ドン・キホーテ
https://www.donki.com/

 
 

まとめ

【KAMIKAZE E-JUICE】は他にも色々なフレーバーがあります。
僕が購入した【KAMIKAZE E-JUICE ナチュラルフレーバー】は無臭ですが、ここにCBDを追加したり香料を加えてオリジナルCBDリキッドを作るにはいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です