【THC含有⁉】ファーマヘンプ社のフルスペクトラムCBDジェルワックスPHEC68がかなりきわどい。【大麻草由来CBD】

YUTA
どうもYUTAです。
【CBD LIFE JAPAN】では僕が勉強したことを公開しています。
 
この記事ではファーマヘンプ社のフルスペクトラムジェルCBDワックスを実際について書いてあります。

※フルスペクトラムって何?って方はコチラ↓↓

【やさしく解説】CBD製品のフルスペクトラムとは?ブロードスぺクトラムとかややこしい!【単一製品との違いもわかる】

2019.11.07

 
 

ファーマヘンプ社(Pharma hemp社)とは?


ファーマヘンプ社はスロベニアにあるCBD販売会社です。
他にも分析機関などを持っているようです。

PHARMAHEMP is a pioneering European grower of organic hemp, a trusted producer and supplier of superior cannabidiol (CBD).
翻訳:PHARMAHEMPは、オーガニックヘンプの先駆的なヨーロッパの生産者であり、優れたカンナビジオール(CBD)の信頼できる生産者および供給者です。
引用元:私たちについて

翻訳:多言語翻訳トラレ

 
 

なぜフルスペクトラム製品は人気なのか?


フルスペクトラム製品には大麻草由来のCBD以外のカンナビノイドが含まれています。
今回レビューするファーマヘンプ社のジェルワックスにもCBD以外のカンナビノイドが含まれています。
フルスペクトラム製品に含まれている複数のカンナビノイドが相乗効果(アントラージュエフェクト)を引き起こすことで、CBD単体とは違う効能や体感を得ることが出来るのが最大の特徴です。

 
 

フルスペクトラム製品には指定麻薬であるTHC(テトラヒドロカンナビノイド)は含有されていないのか?


今回僕が購入したファーマヘンプ社のジェルワックス自体にCBD以外のカンナビノイドの成分記載はされていませんでした。
また購入先であるCBD ONLINE 楽天市場店からもカンナビノイド分析証明書は同封されていませんでした。
 
Pharma Hemp社の公式ホームページにはカンナビノイド分析書がPDFで添付されています。
※参考PDF:PHEC65,4 TEST CERTIFICATE No.: 2019-2518
 
これを見ると殆どの製品に微量のTHCが含まれています。
しかし、僕が購入したPHEC68という製品のカンナビノイド分析書は掲載されていませんでした。
なのでファーマヘンプ社のフルスペクトラムワックスPHEC68にTHCが入っているのか入ないのかハッキリとわかりません。
ご使用は自己責任ということです。
 

大麻の所持や売買、譲渡などは大麻取締法により禁止されています。
THC(テトラヒドロカンナビノール)は麻薬及び向精神薬取締法で規制されています。
また、指定麻薬の使用を唆す行為は麻薬特例法により禁止されています。
※麻薬や大麻使用の唆しに関しての記事はコチラから↓↓

【大麻栽培唆しで逮捕】CBD製品は本当に違法では無いのか?麻薬特例法違反&大麻取締法違反ほう助の逮捕例あり。【徹底解説】

2019.11.21

 
 

もしTHCが含有していた場合はどうなるのか?


もしTHCが含有されていた場合、麻薬及び向精神薬取締法に抵触します。
(ただし「大麻取締法第一条に規定する大麻草及び、その製品に含有されているデルタ九テトラヒドロカンナビノールを精製するために必要なものを除く。」とも書かれています。)
ですが、大麻草由来のTHCを使用して麻薬及び向精神薬違反による検挙で公表されている事例は探しても見つかりません。

 
 

ファーマヘンプ社フルスペクトラムジェルワックス(PHEC68)

 

価格 8,900円

 

成分

 
トータルカンナビノイドは84.3%
CBD含有率68%
 

 
ちなみにこれは上記でリンクしたPharma Hemp社の公式ホームページに添付されているPHEC 65,4と言うサンプルのカンナビノイド分析書です。
 
PHEC 65,4にはCBD以外にもCBDV、CBDA、CBGA 、CBG 、THCV 、CBN 、CBC、THC、THCAが含まれているようです。

 

実際に使ってみた

 


 
香りは紅茶みたいな良い香りがします。
ベイピングで摂取しましたが、さすがフルスペクトラムワックスです。
1ヒットで体感を得ることが出来ます。
またフルスペクトラム製品の特長?かもしれませんが意識の変化も感じられます。
 
僕は今回テクニカルモッドでベイピングしました。
アトマイザーにはMOTAR Quartz Coil-less Wax Atomizerを使用。
コイル抵抗値が0.5Ωなので20Wで出力3.02vです。

 
CBDをベイピングする際は出来るだけ弱い出力でCBDを加熱した方が、喉あたりも滑らかになって良いです。
 
※僕がCBDベイピングで使っているアイテムはコチラの記事から↓↓

【VAPE初心者】僕がCBDベイピングに使うVAPEアイテム【必要な道具】

2019.12.01

 

購入先

CBD ONLINE 楽天市場店

 

まとめ

あくまで個人的な感想ですが、この製品は他のCBD製品の効果とは違う体感を得られます。
もし万が一日本で流通しているファーマヘンプ社のワックスがPREMIUM FULL SPECTRUM EXTRACT PHECであるならホームページにはTHCが含有していることが明記してありますし、カンナビスサティバの花/葉/茎の抽出物。とも記載されているので、大麻取締法と麻薬及び向精神薬取締法に抵触している可能性があります。
参考:PREMIUM FULL SPECTRUM EXTRACT PHEC製品情報
 
こうした現状に日本の行政はどう対応していくか、それともスルーを貫くのか。
今後も動向を見ていく必要がありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です