【CBD作り方】僕だけのマイCBDオイルカートリッジ「刀-KATANA-ブランディ―ソム」【自作】

YUTA
どうもYUTAです。
【CBD LIFE JAPAN】では僕が勉強したことを公開しています。
 
この記事ではCBD LIFE JAPANオリジナルCBDオイルカートリッジ【刀-KATANA-ブランディ―ソム】について実際に使った感想や作成方法が書いてあります。
 

CBDオイルを自作した理由

まず消費者の知識不足により、日本のCBD市場が出来上がっていません。
なので知識不足の消費者をマーケットにした、虚偽の情報を記載した製品や日本の法律に準拠していない製品が一部流通しているのが現状です。
CBD市場に対する信用が著しく低下したことから自作CBDオイルの作成に至りました。

 
 

自作CBオイルのメリット

 

法的リスクをコントロールできる

 
現在日本でCBD製品を購入、所持、使用する際に注意するべき法律は以下の2つです。
 
・大麻取締法
・麻薬及び向精神薬取締法
 
大麻取締法の規制により、大麻草由来のCBD製品を所持する場合はその製品に使われているCBDが大麻草の茎か種から抽出されたものでないとなりません。
 
麻薬及び向精神薬取締法の規制により、大麻草のカンナビノイドの一種であるTHC(テトラヒドロカンナビノール)が麻薬指定されており、CBD製品にTHCが入っていれば規制の対象になるようです。
(ただし「大麻取締法第一条に規定する大麻草及び、その製品に含有されているデルタ九テトラヒドロカンナビノールを精製するために必要なものを除く。」とも書かれています。)
 
今年のビックニュースであるエリクシノールの一件などで見えてきたように、現在日本で流通している一部のCBD製品がこれらの法律に準拠していない可能性が高くなっています。
 
※エリクシノール・ジャパンの製品が大麻取締法に準拠していないという内部告発があった件についてまとめた記事はコチラ↓↓

【CBD製品が違法?】エリクシノール・ジャパンが販売中止。

2019.11.03
 
また、かなり際どい製品も流通しています。

【THC含有⁉】ファーマヘンプ社のフルスペクトラムCBDジェルワックスPHEC68がかなりきわどい。【大麻草由来CBD】

2019.12.11
 
さらに厚生労働省は現在CBD製品の輸入に対して、必要書類の提出をお願いしているだけであり、許可や認可等は行っていないと断言しています。
なので、厚生労働省や警察などの日本の行政が動けば、いつでも取り締まることが出来るのが現状です。
 
一連の事実から、日本の法律に反しない製品には法的リスクを被らないというメリットがあります。

 

確実にCBDが摂取できる

 
アメリカの食品医薬品局FDAが、現在流通している一部のCBD製品には表示されている程度のCBDが実際には含有されていないという発表をしました。

【CBD知っておくべきこと】FDAがユーザー向けにCBD製品について注意喚起!【副作用もある】

2019.11.27
 
このことが事実であるなら、CBDの効果が適切に得られない可能性があるのと、効果や効能の誤認が発生します。
 
なので、自分でCBDを含有させて作成することで確実にCBDの効果を得ることが出来ます。

 

格安である

 
現在CBD製品は高額な価格設定で販売されています。
大麻草由来のCBD製品を作る際に使うCBDは海外の工場で抽出しなけらばならず、輸送費などのコストがかかることや、前述したように消費者の知識不足が理由として挙げられます。
 
ですが自作すれば市場で売られている価格の半値以下です。
 
 

自作CBDオイルのデメリット

 

衛生管理

 
CBDオイルを自作する際に気を付けなければならないのが衛生管理です。
一流のCBD製品製造会社は、無菌状態のラボなどを持っており徹底的な衛生管理をしているとの情報もあります。
実際自宅で個人が無菌状態を作ることはほぼ不可能です。
衛生環境が悪いと、自分の体に害を及ぼす危険性があります。

 

食の安全性

 
大量摂取すれば健康被害を引き起こす可能性もあります。
また今回僕が使用したCBDは大麻草由来のCBDではなく、法的リスクの無い合成CBDです。
大麻草由来のCBDか合成CBDなのか判別することは専門家でもほぼ不可能と言うことですが、そのあたりの理解も必要です。

【CBDパウダー】完全合法⁉大麻草由来では無い合成CBDパウダー【アイソレート】

2019.12.06

 
 

自作CBDオイルカートリッジ【刀-KATANA-ブランディ―ソム】

 

 
上記のことを踏まえて、日本の法律に反しないCBDオイルを作ってみました。
MCTオイルを使っているので、カートリッジに入れればベイピングでも摂取出来ます。
 

作り方

 
このYOUTUBE動画で紹介しているオレンジ精油のCBDオイルにブランデーの香料を加えました。
 

 

実際に使ってみた

 
口径摂取する場合は舌下に数滴たらして馴染ませます。
味はほのかにオレンジの香りがした後に、ココナッツの風味が後から追いかけてきます。
ベイピングする際はカートリッジに入れて2.6Vほどで気化させます。
ベイピングだとオレンジやブランデーの香りが飛んでしまいました。
 

 
 

まとめ

簡単にCBD製品は自作することが出来ます。
CBDが必要だけど、高くて手が出ないと思っている方試す価値はありますが、自己責任でお願いします。
ついでにですが、販売されているから安全である。法的に問題が無いから安心である。などの考え方は危険です。
それは他人に判断を任せているだけです。
他人に判断を任せるこという事は、従うことを意味してますよね。
他人に従っておいて、問題が発生してから騙されたなどと文句を言うのっておかしいと僕は思うので、これからも自分でもっと勉強して行こうと思います☺
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です